宮坂純一著『人的資源管理とイデオロギー - サミ・イタニ『HRMのイデオロギー進化』を読み解く -』奈良マネジメント研究オフィス

電子書籍  pdf版 169p  free

著者  宮坂純一

出版社 奈良マネジメント研究オフィス

発行年 2019年(初版)

ISBN
 978-4-9910836-1-7
                          



目次

第1章 サミ・イタニ『HRMのイデオロギー進化』の構成と問題意識
第1節 『HRMのイデオロギー進化』の構成 
第2節 イタニの問題意識

第2章 研究手法としての批判理論と批判的言説分析
第1節 批判理論(CT)としてのイデオロギー批判
1-1 2つの批判理論
1-2 手法としてのイデオロギー批判
第2節 手法としての批判的言説分析(CDA分析)
2-1 言説分析と批判的言説分析
2-2 イデオロギー批判としての批判的言説分析
第3節 イタニのイデオロギー的スタンスについて

第3章 HRMの史的発展
第1節 1950年代 - 現代のHRMの始まり
第2節 1960年代 - 自由市場の手中にある「組織人」
第3節 1970年代 - ハードなHRMとソフトなHRM
第4節 1980年代 - 改革の波
第5節 1990年代 - 戦略的パートナーとしてのHRM
第6節 21世紀 - グローバリゼーションと新しいキャリア理想

第4章 HRM言説の批判的分析
第1節 1961~1968年 - 再定義された雇用関係をナチュラルなものであるとするHRM
第2節 1969 ~1977年 - 解放レジスタンスを支持したHRMの短期間の闘い
第3節 1978 ~1993年 - HRMの国際化と個人の喪失
第4節 1994 ~2001年 - 制度的な勝利を手に入れたHRM
第5節 2002年~現在 - 新たな始まりと過去の再評価

第5章 HRMの背後にはどのようなイデオロギーが隠されているのか
第1節 検出されたイデオロギー
第2節 ファインディングを読み解く

第6章 サミ・イタニ『HRMのイデオロギー進化』の意義
第1節 理論的貢献について
第2節 実践的貢献について

あとがき



download

3分割のうち No.1

3分割のうち No.2

3分割のうち No.3



back